ポーランドで買ったAndroid携帯を日本語化

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ポーランドで買ったAndroid携帯を日本語化
[`google_buzz` not found]

先にまとめを書くと。
・海外製のAndroid携帯を日本語化することは結構簡単
・Androidであればどんな機種でも基本的に大丈夫
・しかも、無料
・予算に制限の無い方、詳しくない方はiPhoneが最適(超簡単)
・BlackBerryを買うのはやめましょう(別途)

リトアニアの首都リガに滞在中、今まで使っていたBlackBerry 9700の液晶が壊れてしまったため、ポーランドでSAMSUNGのGALAXY mini(GT-S5570)を買いました。
GALAXY mini
ついでに同じショッピングモールに入っていた「PLAY」というキャリア(携帯電話会社)でプリペイド用のSIMカードを買いました。ポーランドの滞在は残り5日間のため、7日間で300MBまで使えるデータプランも同時に契約(そういうタイプのパッケージになったSIMカードを購入)。1週間300MBも使えてたったの約300円です!
PLAY SIM

今回の機種選定のポイント
・Android(理由は別途)
・SIMロックされていない端末
・何かしら手を加えることで日本語入力が可能
・値段そこそこ
・プリペイドで使える(契約無しで購入可)

ポーランドの家電量販店Saturnというところで
GALAXY miniを470PLNで購入しました。約13,000円。
いくつかの携帯電話会社のブースとこの家電量販店を回り
一番安かった、というか結構お得な値段だったのでこの機種に決めました。
TAX returnの書類も受取り、うまくいけば1,500円程度は還付されます。

日本語化について、Android Marketで日本語入力のアプリがあるので、それほど難しくないとは思っていましたが、何よりも電源を起動したときの画面がすべてポーランド語です(笑)
日本語が選べるとは思っていませんが、せめて英語にしてからでないと何もできません。アイコンの画像を頼りに、何とか英語にできました!
でも、Android OSを一度も触ったことが無い方やIT機器等があまり得意でない方は、購入したお店で英語にしてもらった方が無難です。ただし、ポーランドはバルト三国などに比べるとあまり英語が通じません。

世界中どこでAndoroid携帯を買ったとしても、「英語」については標準で必ず選択できるはずです。仮に簡単な単語すら知らないような国で買ったとしても、とりあえず英語にできれば、最低限のメニューは理解できるようになるでしょう。(意味不明な他の言語よりは英語の方がよっぽどマシでしょうww)

まずは簡単に言語の変更方法について。
キーボードを搭載していないタッチスクリーンのみの携帯だとしても最低限1~3個位のボタンはあるはずです。いくつか押してみて「メニューボタン」を探しましょう。
すると「歯車」のようなアイコンが見つかるはずですので、それをクリック。
「言語とキーボード」に当たる「A」が書かれたアイコンがあるはずですので、それをクリック。
次の画面の一番上が「地域/言語の選択」に該当しますので、それをクリック。
あとは選択可能な言語一覧がでてきますので、Englishを選んでください。

次に、メニューは英語のままでもある程度使えるとしても、日本語入力ができなければまともに使えないと思います。日本語入力については、アンドロイド・マーケットからアプリをダウンロードすれば簡単に使えるようになります。
無料なものとしては
・Simeji
・OpenWnnフリック入力対応版
・OpenWnn plus
が候補になると思います。
YahooやGoogleで「Android 日本語入力」と検索するとそれぞれのアプリを比較したサイトがたくさんでてきますが、とりあえず日本語入力ができれば良いという方は、どれでも問題ありません。とりあえず使ってみて、少ししてからじっくり考えれば良いと思います。有料版も選択肢に入るのであれば、迷わずATOKを購入してください。間違いなく最強です。
ちなみに私は上記3つを全てインストールしてみて、今は「OpenWnnフリック入力対応版」を使っています。特に理由はなく、とりあえず使い始めてみました。

ということで、例え世界中どこで買ったとしても、結構簡単に「日本語入力」のできるAndroid携帯(スマートフォン)が手に入ります。
GALAXY mini package
PLAY SIM card
パッと見で気づく方もいるかもしれませんが、このSIMカードはすごい!というかこうあるべき!!通常のSIM規格でも、iPhoneやiPad向けのmicroSIM規格のどちらでも対応可能なのです。

ちなみに他のスマートフォンiPhone及びBlackBerryの場合はどうか?というと、
iPhoneは世界中どこで買っても初めから日本語がインストールされているので、言語設定を日本語に変更するだけです。日本で買ったiPhoneと全く同じものになります。
BlackBerryは大抵の場合OSの入れ替えから行わなければならないので、とても面倒。BlackBerryに慣れていない方にとってはかなり苦労する。

メニューについても可能な限り日本語にしたい!という方、Android Marketで「MoreLocale 2」と検索して見てください。そちらをインストールすることで「言語選択」の中に日本語が現れるようになります。

「別途」と書いた点について。
・なぜAndroidを選んだか?
・なぜ海外でBlackBerryを買うのはやめましょうなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です