PlayBookを触ってみて、それと今後のモデルについて

4月19日に北米で発売となるPlayBookですが
一足先に触った感想としては

  • iPadに慣れていると小さいと感じる
  • サイズの割に重い
  • 画面の回りの余白(縁)の部分が無駄に多い
  • 使っていると背面のBlackBerryロゴマークが熱くなる
  • バッテリーの持ちが悪い

(となるよう)です。

とはいっても、RIM社の最大の売りは・・・ここではありませんので
個人的には大したもんではないと思いますが。

それと、慣れの問題ですが、ホーム画面にどうやって戻るんだ?
という疑問が最初に浮かぶのですが、結果としては
画面の下の余白部分から中央に指でなぞる(下から上)と
ホーム画面に戻る仕様です。ちょっと???な感じ。

4月19日の発売時点では、1だけですが
2~4の発売も決まっています。

  1. BlackBerry PlayBook with Wi-Fi
  2. BlackBerry 4G PlayBook with Wi-Fi + WiMax
  3. BlackBerry 4G PlayBook with Wi-Fi + LTE
  4. BlackBerry 4G PlayBook with Wi-Fi + HSPA+

また、噂によると次期モデルとしては
iPadと同等サイズのモデルも発売されるとかされないとか。

BlackBerry PlayBook タブレット端末

RIMのタブレット端末「BlackBerry PlayBook」について
RIMからやっと価格と発売日が発表されました。

米国とカナダで4月19日に発売。とりあえずはWi-Fi版のみ提供。
16GB / 32GB / 64GB の3モデルで、価格はそれぞれ499ドル / 599ドル / 699ドル。

iPadと同じモデル、価格帯となりました。

●主な仕様
7インチ 1024×600 WSVGA
425g (130mm x 194mm x 10mm)
1 GHz dual-core processor
BlackBerry Tablet OS
2個のカメラ(3MP 前面 / 5MP 背面)
1 GB RAM memory
GPS
Wi-FiR (802.11 a/b/g/n) connectivity
BluetoothR 2.1+EDR support
playbook image

また、合わせてAndroidアプリのサポートについても発表されました。
PlayBookは従来のBlackBerry OSではなく、QNX社(RIMが買収した会社)のOSをベースにした新しいTablet用OSを採用してます。
当然のことながら、インターフェースなどは最適化されているのでしょうが、アプリについては???な状況が続いていました。真っ向から戦うことは無いにしても、iPadの充実したアプリ環境にどう対抗するのか?と思っていましたが、回答はAndroidアプリのサポートということですね。

Android 2.3アプリの実行に対応した「アプリプレーヤー」は夏に提供されるとのこと。
現在はα版のSDK「BlackBerry Tablet OS Native Development Kit」についても、夏にβ公開する予定だそうです。これは、C/C++でPlayBookアプリを開発するためのSDK。